スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の舞台は「白浪っ!」だっ!!

さぁさぁ!年末に向けて駆け抜けるよ!

yhs20周年記念公演第一弾と称してやるのは
江戸幕府が現在も続くもう一つの日本が舞台のエンタメ作品!!

勢いよく元気に「白浪っ!(しらなみっ!)」です☆

ここのところシリアス&重ための雰囲気が続いていたから、
ばーーーんっと派手にぶちかましますよぉ。

主題歌もあり、出演陣もたくさん!
お客様とともに楽しみたい!
だって20周年だもの!!

チケット販売中です。
ご予約も受け付け中。
みなさまお誘いあわせの上、お越しくださいませ~(^^)


白浪っ!1

yhs結成20周年記念公演 其の壱/38th PLAY
「白浪っ!」

脚本・演出:南参
原作:河竹黙阿弥 『青砥稿花紅彩画(白浪五人男)』、『三人吉三巴白浪』

--------

江戸幕府が倒れること無く、今なお続いているもう一つの日本。のらりくらりと幕府の統治が400年以上も続いている。江戸の文化が色濃く残りながらも、発達した科学文明の恩恵にもあずかっている。

二十年ほど前、かつて日本を騒がせた義賊たちがいた。その名を『白浪五人男』と言った。しかし、七年前にメンバーの一人『弁天小僧』が追い詰められた末に自害するという一件があって以降、他の四人は姿を消した……。

そして時は、平成二十九年。
幕府がひた隠しにする「弁天小僧の死の真相」と、仮想通貨「ビット小判」を巡るウワサを聞きつけ、かつての白浪五人男の頭領・日本駄右衛門が動き始めた……。


盗賊が活躍する『白浪物』歌舞伎を超斬新にリメイク!!
yhsの20周年を祝い、集大成としてお送りする現代的時代活劇!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


第1419回 札幌市民劇場
TGR札幌劇場祭2017 参加作品

--------

音楽:Rz×Shoji(ロミオマシーン)
主題歌:テツヤ(月光グリーン)

【プレイヤー】
櫻井保一 小林エレキ 能登英輔 青木玖璃子 深浦佑太(プラズマダイバーズ)
長麻美(エンプロ) 最上怜香 氏次啓
曽我夕子 岡今日子 佐藤杜花 上總真奈(ELEVEN NINES) 小原アルト
重堂元樹(演劇公社ライトマン) 城島イケル(劇団にれ) 棚田満(劇団怪獣無法地帯)
《ダブルキャスト》テツヤ(月光グリーン)/南参

【開演時間】
11/29(水)19:30【テ】
11/30(木)19:30【テ】
12/1(金)19:30【南】
12/2(土)14:00【テ】/19:00【南】
12/3(日)14:00【南】
【テ】テツヤ出演
【南】南参出演
※開場は開演の30分前より

【会場】
生活支援型文化施設コンカリーニョ
(札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F)
TEL:011-615-4859

【料金/チケット】
《一般》前売:3,000円/当日:3,500円
《学生》前売:1,500円/当日:1,800円

【チケット取扱】
・ローソンチケット[ Lコード:15053 ]
・大丸プレイガイド 011-221-3900
・演劇パス
http://engeki.jp/pass/events/detail/319
・CoRich チケット!(予約)
https://ticket.corich.jp/apply/87070/108

【スタッフ】
舞台監督:アクトコール(株)
舞台美術:高村由紀子
照明:上村範康
音響:橋本一生
衣装:アキヨ(jelly fish)
制作:水戸もえみ
宣伝美術:南参
題字:大高絵里

お問い合わせ(yhs)
TEL 080-5595-4103
MAIL mail@yhsweb.jp
WEB http://yhsweb.jp/

白浪っ!2

一部ダブルキャストです。
お席には限りがございます。
日時がお決まりになりましたらお早目にどうぞ!

ご予約はコチラから
スポンサーサイト

「とある秘密展」に参加します!

ひゃぁ、お久しぶりの投稿です。。

なんやかんや更新してない間に
実はこっそり大阪の「濃黒切り絵展」に参加し、
札幌からレセプションパーティーへ参加するという
暴挙を成し遂げておりました。
札幌では出会えない切り絵作家さんとお話しできたり、
みなさんの作品を見て刺激をもらったり。

で、楽しい時間はあっという間に終わり、
今度は私「とある秘密展」に参加します。

こちら、秘密をテーマにした文章がメインの合同展示会なのです。
人の秘密って気になりますよねー!
よかったら、私の秘密も覗きに来てくださいね☆


とある秘密展
会期:2017年9月20日(水)~10月2日(月)
時間:13時~22時半 最終日は19時まで
休廊:9月26日 火曜日
会場:ギャラリー犬養 ピアノ部屋
   札幌市豊平区豊平三条1丁目1-12 


ギャラリー犬養さんは地下鉄東西線菊水駅から
徒歩7分くらいの場所にあります。
古民家ギャラリーで雰囲気抜群!
初見さんには入りにくいかもしれませんが、
そこは勇気をもってドアを開けてください!!

お手頃価格で満足サイズの美味しいケーキが本当におすすめ。
秘密を肴によかったら一緒にお茶しませんか。
私、会期前半は「忘れたいのに思い出せない」の大阪公演で不在ですが、
後半はなるべく在廊したいと思ってます。

やーーーー。
文章の作品て、初めてなんですよ。
ものすごーーーーく緊張しているのですよ。
新作切り絵もこっそり出しますので、
こちらもあわせてご覧くださいませ。

ではでは、また!!

NY旅行記②

NY旅行記①の続きです。

ギャラリーオーナーのAshok Jainさんとお写真撮りましたー!
Ashok Jain 1

ギャラリーを一通り堪能して
次の目的地へ…と思っていたら、
浴衣姿の男性にお会いしたのです。

ny2.jpg

同じく今回の展示会に参加していた朔馬(さくま)さん。
まさか参加者に出会えるとは思わずビックリしました。
しかも二人して浴衣着ているとは(笑)
タイミングっていうものはめぐってくるものですね。
ギャラリーでいくつか素敵な作品に出会ったのですが、
そのうちのひとつが朔馬さんの作品でした。
私、書のことはよく分からないのですが、
力強くてスタイリッシュな印象でしたよ。
準グランプリに輝いたそうです。
おめでとうございます!!

そんなこんなでギャラリーを今度こそあとにして、
ギャラリー周辺を散策。
カフェに入ったり、書店を訪れたり。
移動はほとんどメトロでしたが、
とにかくこのメトロカードが大活躍。
ny19.jpg
券売機で買えるのですが、
大きい駅だと日本語での案内もあって有り難い。

夕方頃、グラウンドゼロへ行きました。
貿易センタービルの跡地。
ny23.jpg
今は慰霊碑として大きな噴水となっています。

なんとも言えない、複雑な気持ち。
亡くなった方、残された家族、事件を知らない子どもたち、
関係なく訪れる観光客。

広島の原爆ドームを見た時と同じ感覚になった。
知っておかねばならないと思ったし、
これを見て、ここで感じた、この感覚を忘れてはいけないと思った。
なんとなく写真を撮るのも憚られたのだけど、
忘れたくなくて一枚だけ撮った。

この旅行中、おそらく、この場所が一番印象的だった。

NYの夜は長い。
日が沈むまでも結構時間があるのだけど、
とにかく人が眠らない。
ny21.jpg
タイムズスクエアはネオンがガンガン。
本当にお昼と変わらないくらい視界は明るい。

一日中歩いて、この日の最後に食べたお肉の美味しいこと!
ny17.jpg
肉にありつくまでにお店で一時間待ちましたが、
もうとにかく美味しかった。肉最高。
また食べたいなぁ。。

そうそう。
今回自由の女神は諦めざるを得ない旅程だったのですが、
なんとか一緒に写真を撮れました。
NY1.jpg
思ったより小さかったなぁ……(笑)

というわけでNY旅行記③(おそらく完結するでしょう)に続きます!



NY旅行記①

2017/06/14~18 in NY
Discover the One Japanese Art に参加してきました!!
nychirashi.jpg

ニューヨーク、行ってきちゃいました。
久しぶりに海外旅行行ってきたので随分楽しんできてしまいました。
ぼちぼちご報告。

やっぱりアメリカ大陸は遠かったですよ。
旅程一週間の内、前後あわせて3日は移動です。
遊び歩いたのは実質3日半くらい。

ny18.jpg
ワンピースに羽織きて行きましたが、
行きも帰りも飛行機の中が寒かったので正解でしたよー!
和服ってやっぱりあたたかい♥
で、
スーツケースに金魚のステッカー貼り付けて行きました。
ny20.jpg
ヒレの細かい部分がどうしてもはがれやすいので、
耐久テストも兼ねてね。

インチョン経由でNYへ。
ホテルの最寄り駅についたのは0時近かったけど、
街中はどこもネオンがついていて明るい。
お店は閉まっているけれど、人通りはそこそこあったなぁ。
ny15.jpg

ホテルについて数時間仮眠をとり、
朝5時くらいからナイアガラツアーへと旅立ちました。
NYから飛行機でビャッと行って帰ってくる一日ツアーです。

学生の頃からいつか絶対行きたいと思っていたナイアガラの滝。
スケールがね、違いますよ。
ビックリ。本当に。
naiagara2.jpg

遊覧船に乗って滝つぼに近づいて、
naiagara1.jpg

カナダに一瞬入国して、カナダ側からも滝を眺めましたよ。
naiagara3.jpg

旅行で一番写真撮ったのここですね。
滝の写真ばっかり(笑)

本来なら21時頃にはホテル着の予定でしたが、
帰りの飛行機が2時間以上遅延したので
ホテルに着いたのは0時すぎてました。
前日にチェックイン手続きをしてくれて、
早朝驚いた顔で見送ってくれたホテルの従業員さんには
さらに驚いた顔をされました。(そりゃそうだ)
なかなかクレイジーなスケジュール(笑)

でもいいんだ。
飛行機が遅延したおかげで空港で飲んだくれ、
美味しい鶏肉にありつけたんだから。
旅はこういう突発的なことも楽しまないと!

翌朝はすこし寝坊して街中散策してからブルックリン橋を見に。
ny22.jpg

NYといえば、このイメージ。
ny14.jpg

近くの公園を軽く散歩してから、
展示会場のアショク・ジャイナ・ギャラリーへと向かいました。

会場は、周囲にもギャラリーがたくさんあるロケーションです。
ny3.jpg
チャイナタウンが近いせいか、道行く人はアジア系が多い印象です。
初日の昼過ぎに伺ったのですが、

お客様が全然いないよう!!!

……でもまぁ、そんなもんか。平日の日中だもんな。

おかげさまでゆったり観ることができましたよ。
ny24.jpg
お世話になるオーナーさんや主催の会社の担当者様とも
たくさんお話しできてよかったです。

そして久しぶりのご対面。
「廻」(めぐる)
meguru1omote.jpg
ny13.jpg

アクリルに挟まれた「金魚」「月」「桜」の3層構造。
アクリル板なので写真を撮るとバンバン反射します(笑)

沢山の人に見てもらえるといいなぁと願いつつ、
ギャラリーを後にしたのでした。


NY旅行記②に続く。

個展「紙の声」、ありがとうございました!

ご挨拶が遅くなりましたが…
無事、初の個展「紙の声」が終了しました!
会場入口と私①
会期中は延べ250名超のお客様に足を運んでいただきました。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました!!

差し入れもたくさんいただきました。
来れなくとも、メッセージを下さった方もいました。
応援してくれた方、遠方から気にかけてくださった方、
会場づくりを手伝ってくれた方……
とにかく本当に本当にたくさんの人の手を借りて実現した展示会でした。

会場へ来たくても来れない人に
少しでも雰囲気が伝わればいいなと思って、
展示はすべて写真・SNS投稿OKにしておりました。
会場全景③
「○○さんのFacebookをみてきました」とか、
「Twitterで気になって」と言って訪れる人の多さに驚きながら、
ウェブの力を実感しました。
凄いね、インターネット(笑)

同時に、わざわざ会場へお越しいただいた方だけが味わえるような
そういう仕掛け作りもしたかったのです。
祈り⑤
『祈り』
この作品は、3枚重ねで1セットの作品です。
手にもって、ひっくり返してご覧いただけるように
テーブル置きで展示していました。
表側の黒い部分と、裏側から見た白い部分では見えるものが違います。
それをひっくり返したお客様自身に発見してほしくてつくりました。
欄間からヒントをもらって出来上がった作品です。
(ごめんなさい! 裏側の写真ありませんでした!)

もうひとつは『水奏(すいそう)』という作品です。
水奏と私⑨
お客様自身の目の前にアクリル板を掲げ、
金魚の作品同士に挟まれて完成するモノです。
かっこよくいえばイサムノグチの作品と同じです。
お客様に参加してもらって初めて完成する、的な。
はっ!!イサムノグチファンの皆様ごめんなさい!!
でもね、ただ見てもらうだけじゃなくて、
見て、触って、ワクワクする感覚を味わってほしかったのですよ。
その場の空気感を共有して、
経験として持ち帰ってもらえるような、そんな展示にしたかったのです。

水奏解説中
もちろん壁掛け単体の作品としても成立するようには考えていますよ!
みんながみんな勇気をもって
アクリル板を掲げてくれるわけじゃないことくらい想定しております。
(私も実際結構恥ずかしがりなのでね!笑)

あと、この作品。
「reborn」
reborn①
多分この写真でも相当見づらいと思いますが、
白と黒で対になったものが額に収まっています。
これ、かなり近づいてみないと見えにくいんです。
それでいいと思ってわざと黒い背景にいれているのですが、
これも会場に来てくださった方が、じーーーーっと見て
気付いてくれたらうれしいなと思ったからなんです。

作品は全て、このハサミ一丁で仕上げています。
「カッターの方が楽なんじゃない?」とよく言われますが、
まぁ、とにかくカッターが使えなくてダメなんです、私。
ハサミ紙の声
ハサミの方が柔らかい線を切るのには向いてる気がしますよ。
厚い紙を切れないという難点はありますが(^^;

そして、実はこっそり足元にも演出が。
こちらは切り絵ではありませんが、金魚たちを泳がせておりました。
黒い床にポツポツと。
残念ながら初日に間に合わなくて、2日目からの登場でした。
床金魚

照明と、音楽と、作品と。
出来上がった空間に、作者は居なくてもいいかなって思っていました。
その方が純粋にこの展示会を楽しんでもらえるのではないか、と。

でも、
見に来てくださる方がどういうところを見ているのか、
どんな作品を気に入ってくださるのか、
お話して気付かされたことがたくさんありました。
アドバイスをいただけたこと、感想を直接聞かせてもらえたこと、
在廊していた時間は本当に有意義で幸せなものでした。

水奏と私①

ちなみにこの記事で使っている写真は全て、
関口将弘さんが撮ってくださいました。
素敵なお写真ばかりで、感無量です。

今回で悔しかったことや、さらにやりたいことが出てきたので
きっとまた個展やります。パワーアップして帰ってきます。
とりあえず次は7月の演劇シーズンが控えているので
芝居の方へシフトチェンジしますが、
切り絵も水面下で動いていきますよ。

最後に。
今回の展示で一番気に入っていたキャプションの言葉を置いておきます。
------------
 『祈り』
誰かに認めてもらいたいくせに
その「誰か」が本当に誰でもいいわけじゃなくて、
だったら素直に「あの人の背中に爪痕を残したい」と思うべきなのかな
------------

ありがとうございました!
またどこかで(^^)/
プロフィール

最上 怜香

Author:最上 怜香
切り絵俳優。
ハサミ一本で切り絵を作り、
札幌の劇団「yhs」で役者
(プレイヤー)をやっています。
2017年の目標は広報活動。
切り絵と芝居、両方の魅力を
たくさん発信していきます。

Twitterやってます
@mon6mon6
ホームページあります
アクセス
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。